読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ActionScript】デバッグ

デバッグを行うときは、再生ボタン?ではなく、虫のマークをクリックします。
MXML内にタグで囲んだ中に書かれているのがActionScriptです。

<mx:Script>
	<![CDATA[
		trace("Flex3とAtionScript3.0へようこそ!");	
	]]>
</mx:Script>

traceを使うと、デバッグ時にコンソールで

[SWF] C:\Documents and Settings\student\My Documents\Flex Builder 3\Chapter3_project\bin-debug\Chapter3_project.swf - 639,029 バイト (圧縮後)
Flex3とAtionScript3.0へようこそ!

と表示させることが出来ます。