読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついに社会人になりました。bashからzshへ…

このブログ用の文章を書くのが久しぶりな気がします…
社会人になりました!


大変不安がいっぱいというか、やっていけるのかと常に悩んでいますが、やるしかないです!


絶対にうまくいかない、コードが書けない・遅い、という事態が起こる事は、
確実に・絶対に・必ず最初から起こると確信しているので、
泥臭く頑張っていこうと思っています。
「転ぶこと」が怖くなっていた気がするので、この機会に初心に帰って、
初歩的だと思うような事も発信・吸収していきたいです。


早速、新社会人!ブログ初め!

bashからzshへ移行しました。

  • zshを使っている人をとてもよく見かける
  • 何か良さそうらしい…

iTerm2をとりあえず突っ込む→iTerm2の設定をいじる→最低限の.bashrc
を今までやって来ましたが、自分でちゃんと選んだりカスタマイズできるようにします。

どのshellがログインシェルか
$ echo $SHELL
/bin/bash
今使えるshell一覧確認
$ cat /etc/shells
/bin/bash
/bin/csh
/bin/ksh
/bin/sh
/bin/tcsh
/bin/zsh


もともとzsh等々入っていました。

bashからzshへ移行

参考サイトを元に移行作業を開始します。
ログイン時は自動的にbashなPCなので…

(追記: 2012/04/26)
1. shellの変更(コメントで教えて頂きました!!!><)

chsh

chshコマンドを使う
1. ログイン後zshを起動させる
.bashrcに以下を追加

# use zsh
if [ -f /bin/zsh ]; then
    exec /bin/zsh
fi

これで、bashでログインされたあとすぐに、表示されているshellがzshになります。


2. .zshrcの設定を行う
私が参考にしたのはナレッジエースです。
他にも、ブクマ数が多かったりなサイトがたくさんありました


特徴的なサイトとしては、
http://www.clear-code.com/blog/2011/9/5.html
このサイトで紹介されている設定です。
ディレクトリやファイルがかなり細かく分けられています。(はてブブクマ数も500超え!!!)



私の場合は、とりあえず最低限の環境を整えるだけがしたかった(環境に時間を取られすぎたくない)ので、把握できそうな.zshrcで解説がわかりやすく入っている、ものということで選びました。



これだけでzshを使うことができます!
(これでいいのかな…)


抜けてるところ、さらに入れたほうが良い設定等はザクザクご意見いただきたいです…!


とりあえず、更に、

  • プロンプトの設定
  • bashrcからの設定引継ぎ

等をおこなって、最低限自分が使えるものになりました。

プロンプト、自分が一番使いやすいよういじれるといいな〜
これに時間かけ過ぎは本末転倒感ありますが…


zshは補完が素晴らしいといった感想をよく見受けるので、もうちょっと使って実感したいです。



社会人になっても、忙しさでやりたいことを見失わないように、がんばります!

追記:2012/04/03 15:50

「gitブランチ名を出すようにするのがおすすめ」というアドバイス頂けたので、導入しました!!
Git だろうと Mercurial だろうと、ブランチ名をzshのプロンプトにスマートに表示する方法
というサイトを参考にしましたが、
その後の記事zsh で Git の作業コピーに変更があるかどうかをプロンプトに表示する方法では、
それから更に作業ファイルの変更有無も表示してくれます。
下の方のリンクの設定をzshrcを追加しました!


ただのコピペでそのまま使ってしまうと、
zshプロンプト画像にある、右はじの現在のディレクトリ位置が表示されないので
(ディレクトリ位置表示とブランチ名表示が被ってしまい表示されない)、
zshのPROMPT=以下を変更しました。


結局こんな感じ

すごくすごく便利!!!(*´ω`*)
ご助言ありがとうございました!!!